読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SPモードとiモードメールとimMailer[TM]の関係

T-01A関連

と、言うわけでSPモード出ましたね。私も一応、切り替えました。
iモード.netを捨てたかというとそうではなく、2台(2回線)持ちしてるF-09Aiモード.netに申し込んだので、いずれも使える環境として残ってます。


SPモードへの申し込みは以下参考にしました
・第1回 spモードに申し込んでみた(IT media)
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/1009/01/news100.html

スマートフォンケア(115番から転送)に電話すると混んで1時間待ちとの事。外出中でちょうど空き時間があったのでGoogleMapで調べて、近くにあったdocomoショップで綺麗なお姉さんに対応してもらいました。良かったです(何が)
綺麗なお姉さんがスムーズに端末触って設定した事に驚き。スマートフォン向けのサポート教育もちゃんと力を入れてる感じですね。SPモードのレビューについてもブロガーさんたちがやってるので割愛。


本題は
SPモードでのメール送受信は外部プログラムから出来るのか?


結論から言うと「出来ました」
SPモードではSPモード用の接続設定とOutlookのアカウントにSPモード用メールが追加されます。


接続についてはこれまでと変わらずOS側の管理なので意識する事はありません。SPモード用メールについては、Outlookのアカウントがちょっと特殊なだけで、通常のPopやIMAPなどのアカウントと同じような扱いになっています。


WindowsMobile(WindowsPhone)では、Outlookの機能を使ってメールを送受信する仕組み(POOM)が開発者に提供されていますので、この機能を利用してやればSPモードでのメール送受信も可能になります。テストプログラムを作って試したところ、送受信時にOutlookの画面が起動しますが、問題なく外部からもコントロールで送受信が出来ました。あのいまいましい通知メールも飛びません(笑)

imMailerでメールを作成

送信ボタンを押すと、自動的に・・・

SPモードメーラーに転送 参照も可能

Outlookの送受信処理が走ってメールが送信されます。送信画面は完了したら自動で閉じてしまえば邪魔にもならないでしょう。


受信とメール管理はSPモードメーラーと共存する仕組みに作り変えないといけないので、少し骨が折れそうですが、前向きに考えていきたいと思います。


また、SPモードアプリの使用制限としてT-01A(WM6.5up済)以降の端末に限定されていましたが、回線の契約とアカウントの追加さえ出来ればWM6.1でもT-01Aより前の端末でも使えそうな、そんな予感がしました。いや、SPモードに申し込ませてくれないかもしれないってのが問題でしょうか:p


ページ主を間接的に応援するページ(:
当サイトのリンクを辿ってAmazonでお買い物して頂けると作者は少し幸せになれます(笑)
にほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへにほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへ