読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PCメールはIris+Gmailで。快適&絵文字もいける!

iモードメールにこだわらない場合、POPメールを使う選択肢があると思います。それでも標準のメールは振り分けが出来なかったりして、満足いく環境ではない事もあるでしょう。

今回オススメしたいのは
Iris Browserを使ったGmailの利用です
Iris BrowserにはiPhoneサイトがそのまま利用できるという特徴があります。そしてGmailを含むGoogleのサービスはiPhone向けに使いやすくカスタマイズされているためIris Browserとの親和性も高いです。


速い&見やすい

私はIrisのスタートページをGmailに設定しているのですが、T-01Adocomoの環境では通常のアプリ起動と大差無いスピードでメーラーとして使用できます。起動〜接続にワンテンポ掛かりますが、Gmailはサーバー側でメールを受信していますのでPOPメールのように受信時間を待つ必要がありません。


振り分けが便利

Gmailにはフォルダ振り分けとは少し違う『ラベル』割り付けの仕組みがあります。使い方はフォルダ振り分けと殆ど同じで、割り振るルールと割り付けるラベルを決めてやるだけ。ラベルを選べばフォルダのように絞り込んでリストアップされます。慣れるまで少し気持ち悪いですが、使い勝手としては同等なもので、一つのメールに複数のラベルを割り当てられるメリットもあります。


他サーバーのPOPメールが受け取れる
複数のメールサービスを用いている場合に、Gmailを使って統合する事が出来ます。受信はサーバー側で定期的に自動でされ、それぞれに自動でタグを割り付ける設定も出来ますので、複数アカウントメールの管理も単一のインターフェースで出来ちゃいます。


検索が早い

私はメインのアカウントでは6GBほどのメールが溜まっています。大量のメールに対する検索も、PCメーラーほど気を使ずフリーワードで検索できます。たぶんOutlook Expressでは暫く返答がなくなるような処理です(笑)


Iris Browserの底力

Irisで特筆すべきはDesktop Modeです。iPhone用のMobile Modeと違いPC向けのサービスがそのまま使えます。Gmailの設定も直接変更が可能ですので、モバイルで調整できないかゆい所に手が届きます。サイズ的に横画面にすると見やすいです。


携帯に絵文字メールが送れる

PC向け機能の一つGoogle LABのプラグインで追加絵文字を有効にすると、携帯に向けて絵文字メールが送れます。もちろんキャリア毎の依存はGmail側で吸収してくれます。


絵文字入力画面

入力は絵文字パレットから選ぶ仕組みです。さすがにこのプラグインは重いようで快適とは言いづらいですが、外字を入れたりツールを追加しないでも使えるメリットは大きいんじゃないでしょうか。


auの携帯で受信

細かく検証してはいませんが、普通にそのまま携帯に届きます。素晴らしい。


という感じでIrisはGmailのためだけに入れてもいいんじゃないかと思うぐらい便利です。アプリメーラーでなければならない理由が無い場合は試してみてはいかがでしょう。PCでも環境が共有できますので使い方によっては大きな恩恵(利便性&時間の自由)が受けられると思います。


導入などは以下のエントリーも参照くださいませ。
iPhone向けページがサクっと見れるIris Browser